・国内ではどのゲームが人気?

世代によって違いはありますが日本では対戦格闘ゲームが人気です。
eSports対戦格闘ゲームとして使用されているストリートファイターシリーズも、鉄拳シリーズも発祥は日本です。

1990年に登場したストリートファイター2が対戦格闘ゲームの火付け役となりました。
日本では30年近く歴史のある対戦格闘ゲームですので、ファンも多いのでしょう。

大会も多く行われています。
海外の大会と違い賞金規模は小さいことが多いのですが、対戦格闘ゲームで実力をつければ、日本ではコンスタントに稼ぐこともできるでしょう。

・海外ではどのゲームが人気?

一方海外ではMOBAやFPS、RTS等が人気です。
具体的にはDota2、League of Legends、Counter-Strike: Global Offensive、StarCraftII、Hearthstone等が人気です。
もちろん対戦格闘ゲームも人気ですが、賞金総額が高いDota2、League of Legendsなどが人気になっています。
面白い、面白くないではなく、賞金総額が高いゲームにプレイヤーが集まり人気になっていく、というのが海外での特徴です。

・オリンピックで採用されそうなゲームは?

オリンピックの正式項目として採用される、採用されないと話題になっていますが、採用されるとしたらスポーツゲームが主になると見られています。
戦争を題材としたFPS等のゲームは採用しないとIOC会長は断言しています。
暴力や差別を助長する競技が採用されることはない、ということです。
何種類かゲームは採用されるでしょうがウイニングイレブンシリーズの採用は堅いのではないか、といわれています。