・プロゲーマーになるには?

現状ではプロゲーマーという定義があいまいです。
ここではゲーム大会での賞金と、スポンサー料金のみで生活できるようになることをプロゲーマーと定義します。
YouTubeのゲーム実況等で収入を得て生活している方もいらっしゃいますが、これはここではプロゲーマーと定義しません。

上記の定義のプロゲーマーになるには、
まずeSportsで採用されている、なるべく人気のゲームで強豪プレイヤーとして広く認知されるようにがんばりましょう。
そうするとeSportsチームや、スポンサー企業の目に留まるようになります。
スポンサー料金や賞金で生活できるようになれば、プロゲーマーと名乗っていいでしょう。

eSportsでプロゲーマーになるには特に試験等はありません。
強くなり、賞金を稼げるようになればプロゲーマーです。

・プロゲーマーの活動とは?

プロゲーマーの普段の活動としては、まずはゲームがうまくなるように練習しなければなりません。
一人での練習では限度がありますので対戦相手が欲しいもの、なのでチームに所属する、という手段が有効です。
そしてゲーム大会で勝つことも活動のひとつ、というか目的になります。

また、スポンサードされている場合はその企業の利益となるようなこともしなければなりません。
その場合は勝って広く報道されるのがもっとも効果的です。

・チームに所属するには?

日本では対戦格闘ゲームが人気です。
ストリートファイターや鉄拳、形態はちょっと異なりますが任天堂のスマッシュブラザーズシリーズです。
これらの大会に出場し結果を残していくと、チームから声がかかるようになります。

ブログやSNSで情報を発信したりYouTubeで人気者になるなどでもチームから声がかかることがあります。